撮影の舞台裏♪ 6月号表紙撮影メイキング!

こんにちは!

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

今日は、NJ6月号の発行日です♪

NJがGETできるお店や設置場所はコチラからチェックできるので、見てみてくださいね。


さて今回も、表紙撮影の裏側を少しだけご紹介します♪

    

今回表紙モデルに挑戦してくれたのは、柳川市に住む羽生紫苑さん。

26歳という若さで3人のお子さんを育てながら美容サロンにパートとして勤務されていて、仕事と子育ての両立に奮闘していらっしゃいます。


   

オーディションの際は若干緊張していたのか表情が少し堅かったのですが、

応募動機を伺ったときの「今、私すっごい頑張ってると思ってて、そういう自分を残しておきたくて」という力強い言葉と、「子どもたちにも変身した自分の姿を見せてあげたいし!」というチャーミングな様子にズキューン!と胸を打たれてしまいました。


   

動きやすいように、普段はパンツスタイルにパーカーやTシャツというラフでカジュアルな服装が多いという彼女。

「クールに見られるんですけど、結構フェミニンな感じとか、女の子らしい可愛い雰囲気にも憧れます」という彼女の言葉が頭から離れなかったので、大変身させてやろうと今回のテーマを“レトロで上品な女優さん”にしました。


   


   

お借りしている靴の底が汚れないように、シートの上に立ってもらっています。


   

「ちょっと動きがほしいので、上半身だけ“くるくる”できますか?」というよく分からない指示にも的確に動いてくださる羽生さん。とっても勘が良いのです!!!


   

ヘアアレンジのポイントは自毛で動きをデザインする「フィンガーウェーブ」。

往年の女優さんのような、うっとりする上品さが漂っています。

そして、お顔立ちとお顔・頭の形がこのスタイルにピッタリ!!

ヘアメイクさんの口からも「ここまでフィンガーウェーブが似合う方って珍しいです」と、こぼれていました。


ロケ地は[石橋文化センター]内にある[坂本繁二郎旧アトリエ]。

白い木枠の大きな窓がとても良く映える、趣きのある古い木造のアトリエです。

中と外をうろうろしながら、色んなアングルで撮影させていただきました。

どこを切り取っても本当に素敵で絵になる…。

   


   


そして今回の素敵な衣装は、[リベール]の2Fにある[FROMHEART]さんのご協力。

このトップス、フリルが可愛すぎやしませんか??

春らしい色違いがたくさん揃っていて、不思議なほど二の腕を華奢に見せてくれる素敵なデザインです。

   


それに合わせたのが、存在感のある腰の大きなリボンが特徴のスカート。

スカートのラインも、腰の大ぶりなリボンも、ほんっっっとに可憐ですよね!!

このお洋服をご提案いただいたときに1人でだいぶテンションが上がってしまって、スタッフの方を苦笑いさせてしまった気がしますw スミマセンでした!

素敵なご提案、ありがとうございました!!

   



改めまして、今回もたくさんの方たちのご協力のお陰で素敵な表紙が仕上がりました。

皆様ありがとうございました!


なお、ノーマ・ジーンでは表紙を飾って下さる読者モデルさんを大募集しています。

自薦・他薦は問いません!


表紙モデルにチャレンジして、新しい自分を発見してみませんか?


【応募要項】

・22~38歳位の女性

・身長157cm以上

・久留米、筑後地区、その周辺に在住、又はお勤めの方

・未婚既婚は問いません

・自薦他薦は問いません

・モデル事務所に所属中、又はタレント活動中の方は不可


応募はコチラから!

皆様からのご応募、お待ちしております♪

人気のタグ