メガネのとらや g-roomのメイン写真
メガネのとらや g-roomのメイン写真
メガネのとらや g-roomのメイン写真
メガネのとらや g-roomのメイン写真
メガネのとらや g-roomのメイン写真

見える喜び、掛ける楽しみを

久留米の地に創業して75年(2018年4月現在)。私たちは多くのお客様に支えられ、技術および知識を磨いてきました。過去には久留米・福岡・ダイエーなどに出店しましたが、専門店としての技術力を維持することが難しくなったために、20年程前に現在のメガネのとらやg-room1店舗に技術集約しました。そのおかげで、お客様の要望に沿った検査や相談を受けることができ、『見える』喜びを感じていただけることとなったと感じます。

また、視力矯正用具として、今までの『仕方なく』掛けられてきた眼鏡ではなく、海外と同じように、衣服や時計のようなファッションとして『楽しんで』掛ける『陽性』の商品にしたいと考えております。眼鏡は顔の一部になりますので、お客様に雑談交えて『見られる楽しさ』を感じていただきたいという思いを込めて、店舗をg-room(guestーroom)と名づけました。

是非、当店にて『見える喜び』『掛ける楽しみ』を感じていただければと思いますので、足を運んでいただければ幸いです。

新着情報

レンズの要素と価格について

レンズは透明なので、眼鏡専門店でも隠しマークなどでしか見分けることはできません。

レンズ価格とヒアリングでも大体は推測しますけど。


有名レンズメーカーでも安価なものから、高価なものまで、幅広く種類があります。

レンズは簡単に言うと『素材』『設計』『コート』が主な組み合わせです。

だけど、その要素は、屈折率・設計・歪み・厚さ・強度・アッベ数・コートの種類・コートとレンズの蒸着力など、多岐にわたります。

レンズの種類と度数を絞れば、常備レンズを置けるし、10~20分で削ってお渡しできますが、レンズ選定の幅が減ってしまいます。

ヒアリングなどから1種類だけ提案することもありますが、レンズを選定した上で、数種類のレンズの違いについて説明し、お客様に選んでもらう専門店は常備レンズを置かないところが多くあります。


価格も大事ですが、各レンズの違いはきちんと説明を受け、自身で選ばれるべきかと思います。



また、よく質問される度数とレンズの厚さの関係について、写真付きでFacebookに投稿していますので、ぜひそちらもご覧下さい。

アンバレンタインのキッズも取り扱いを始めました!

アンバレンタインと言えば、眼鏡専門雑誌に必ず載るようなフランスのブランドです!

当店に置いてる眼鏡専門雑誌にも記事がありますので、興味のある方はぜひ。


アンバレンタインの大人用は昔から取り扱ってましたが、ファンの方も多いブランドであり、お子様のために幅広く選んでもらえるようキッズも導入しました。

お子様に慣れさせるために、同じブランドを親子で掛ける方もいます。


このクラスのブランドの子ども用は、オモドック、ベセペセキッズ、ラフォンキッズに加えて、4つ目になります。

量販店にはないということで、数が多いと言っていただける方もおられますが、まだ取り扱いたいブランドはあるので、少しずつ導入していたいと思います!

日本の眼鏡ブランド『ステディ(STEADY)』より、フレームサンプルが届きました!

日本の眼鏡ブランド『ステディ(STEADY)』より、フレームサンプルが届きました。


『Modern classicalなデザインで、ファッション性とデザイン性を兼ね備え、その人らしい表情が生まれる眼鏡を』がブランドコンセプトです。


コロナ禍でお会いできてませんが、金子デザイナーらしいデザインで、ガタつき・ズレ・緩み防止など、細かい点の作りも改良が加えられてました。

お店のこだわり

店内に常備レンズを置きません

メガネのとらや g-roomのこだわり

お客様にはご不便をお掛けすると思いますが、常備レンズを置かないため、お客様にはお渡しまで数日から1週間程度、お待ちいただくことになります。


その理由としては、常備レンズではお客様に合った適切な眼鏡を提供できないためです。


レンズには様々なメーカーが各社グレードがあります。

その種類は100種は超えるため、眼鏡専門店でも把握できないものがある程です。

また、レンズには近視・遠視・乱視・老視(加入度)・プリズム・素材・設計・コートなど、様々な要素があるため、全てのお客様に合わるためには常備レンズでは不可能となります。

特に、各社の上位レンズになると、さらに難しくなります。


眼鏡制作前には、お客様のご要望に合わせ、数種類のレンズをご提案させていただきます。

アイポイント計測機導入

メガネのとらや g-roomのこだわり

アイメトリクス社のアイポイント計測機EyeMec(アイメック)を導入。
まだ、九州で10台も導入されてないアイポイント計測機です
(2018年9月現在)。

眼鏡を作る際、フレームに応じてフィッティングを行い、
その人のアイポイント(瞳孔)とレンズを合わせることが重要です。
高いレンズになれば、より精密さが求められます。

EyeMecは、アイポイント・瞳孔間距離(PD)・そり角・傾斜角・
頂点間距離などを、より精密に計測できます。

もちろん、眼鏡士としての技術・知識も必要となりますが、
HOYAのレンズRsiを始め、2018年10月に新しく発売される
『雅』『望』など、オーダーメイドクラスレンズを用いた
眼鏡製作の一助になればと考えてます。

見え方にこだわる方は、ファーストラインクラスだけでなく、
オーダーメイドクラスのレンズも合わせて、ご検討ください。

オートレフ検査だけには頼りません!

メガネのとらや g-roomのこだわり

当店は最新のオートレフを導入しておりますが、
機械による他覚検査だけに頼らず、
それぞれのお客様の職業や趣味などの
ライフスタイル・目の特性などを考慮した
自覚検査に力を入れております。

見え方に不満のある方、デスクワークで疲れやすい方など、
是非一度、ご相談ください。

※機械による他覚検査で終わらせない理由は以下になります。
オートレフは、多くの項目のうち、
『非点収差』『デフォーカス』の2項目のみを
測定し、数値を出します。

人は目で見たものを脳で鮮明にすること、
人によって感覚が違うこと、
ライフスタイルや作業距離によって
必要な視力が異なることなど、
様々な条件があるため、
機械による測定だけでは不十分な場合が
多くあります。

より良い眼鏡制作のためには、
問診や自覚検査が必須です。

仕入れ作業に手を抜きません!

メガネのとらや g-roomのこだわり

人に個性や人格があるように、
メガネにもそれぞれ個性があります。
その個性が際立つフレームは、
デザイナーもしくはバイヤーと
しっかりと打ち合わせした上で
1本1本確認しながら仕入れております。

定番の商品でもキラリと個性が光る
魅力的な商品を仕入れられるように
心がけております。

スタッフ紹介

豊福 祥人

豊福 祥人

代表取締役


認定眼鏡士SS級

※旧・日本眼鏡技術学校にて履修および取得

豊福 祐史

豊福 祐史

認定眼鏡士S級

※東京眼鏡専門学校にて履修および取得

店舗情報

お店情報

店名
メガネのとらや g-room
電話
住所
営業時間

10:00〜18:30

定休日

木曜

お支払い

関連情報

電話番号
0942-21-9220
公式サイト
http://www.g-room.jp/
予算
  • -
  • -
お店の特徴
  • 日祝営業
  • 駐車場あり

お問い合わせ

  • メガネのとらや g-room
  • 0942-21-9220
  • 福岡県久留米市西町200-1
  • http://www.g-room.jp/